現在の位置
  • ホーム
  • 町政
  • 選挙
  • 第49回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査について

第49回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査について

『さぁ投票 選挙の主役はあなたです』

選挙の日程

 第49回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査が次の日程で行われます。

 投票日:  令和3年10月31日(日)

 投票時間: 午前7時から午後8時まで

投票ができる人

 平成15年11月1日以前に生まれ、令和3年7月18日以前から引き続き田尻町の住民基本台帳に記録され、選挙人名簿に登録されている人

投票所入場整理券が届かなかったときは

 あらかじめ郵送される投票所入場整理券が万一、届かなかった場合は、投票当日までに田尻町選挙管理委員会までお問い合わせください。

 なお、紛失された場合は、投票当日に投票所でその旨を申し出ていただければ投票することができます。

期日前投票をするには

 仕事や冠婚葬祭の予定のある方、旅行や買い物などで投票日に投票できない方は、期日前投票ができます。

 期日前投票期間:令和3年10月20日(水)から30日(土)まで

             午前8時30分から午後8時まで

 投票場所:     田尻町役場 1階

 また、あらかじめ、投票所入場整理券の裏面にあります、「期日前投票宣誓書」に必要事項をご記入の上、持参していただくと、円滑に投票できます。

 なお、「期日前投票宣誓書」は、下記からもダウンロードできますので、ご利用ください。

 この期日前投票制度では、期日前投票を行おうとする日に選挙権を有している必要があります。例えば、投票日当日には18歳を迎えるが、期日前投票を行う日にまだ17歳で選挙権を有しない人は、期日前投票をすることができません(この場合、不在者投票をすることができます。)

視覚に障がいのある人は

点字で投票することができますので、投票所にて係りの者に申し出てください。

不在者投票について

○田尻町以外の滞在地での不在者投票

 転出、仕事等の理由により、田尻町以外で不在者投票をしようとする方は、「不在者投票宣誓書・請求書」をダウンロードし、ご記入の上、直接又は郵送により田尻町選挙管理委員会に提出してください。

 提出されましたら、請求書に記載した住所に投票用紙等をお送りいたしますので、最寄りの市区町村の選挙管理委員会に持参して不在者投票をしてください。

 不在者投票ができる期間は、選挙期日の公示日の翌日から選挙期日の前日までとなっており、また、投票用紙が投票日の締切時間までに田尻町選挙管理委員会に届く必要があります。

○不在者投票指定施設での不在者投票

 都道府県の選挙管理委員会が不在者投票施設として指定した病院(介護老人保健施設を含む。)、老人ホーム、身体障がい者支援施設、保護施設については、その施設内において不在者投票を行うことができますので、現在、入院又は入所中の病院又は施設が指定施設の場合は、病院又は施設に不在者投票をしたい旨を申し出てください。

郵便等による不在者投票について

○郵便等による不在者投票のできる人

 身体障がい者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証をお持ちの方で、次のような障がいのある選挙人の方は、一般の不在者投票のほかに、現在する場所(自宅など)で投票をする「郵便等による不在者投票」の方法があります。

・両下肢、体幹の障がい又は移動機能の障がいの程度が、1級又は2級

・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がいの程度が、1級又は3級

・免疫又は肝臓の障がいの程度が、1級から3級まで

・要介護状態区分が要介護5

※ 郵便等による不在者投票ができる方のうち、自分で記載ができない方で一定の障がいをもつ方については、あらかじめ市区町村の選挙管理委員会の委員長に届け出た選挙権のある方に投票に関する記載をさせることができます(代理記載制度)。詳しくは、田尻町選挙管理委員会までお問い合わせください。

○郵便等による不在者投票の手続

 「郵便等投票証明書」が必要です。お持ちでない方や有効期限が切れた方は、「郵便等投票証明書交付申請書」をダウンロードし、ご記入の上、身体障がい者手帳等を提示して、直接又は郵送により田尻町選挙管理委員会に提出してください。代理の方でも申請できますが、申請書にはご本人の署名が必要です。

 なお、代理記載の方法による投票を行うためには、郵便等投票証明書の交付申請に加えて、あらかじめ代理記載の方法による投票を行うことができる方であることの証明手続きと代理記載人となる方の届出の手続を行っておく必要があります。

 申請書は上記と異なりますので、詳しくは、田尻町選挙管理委員会までお問い合わせください。(これらの手続を同時に行うことも可能です。この場合、選挙人の署名は不要です。)

○投票用紙等の交付請求

 「郵便等による不在者投票用紙等請求書」をダウンロードし、ご記入の上、あらかじめ交付を受けた郵便等投票証明書を添えて、投票日の4日前までに、田尻町選挙管理委員会の委員長に対して、郵便等により投票用紙等の交付を請求してください(代理記載の方法で投票する場合は、請求書に代理記載人の署名が必要です。)。

 なお、郵便等投票証明書の交付を受けている方につきましては、「郵便等による不在者投票用紙等請求書」を郵送にてお送りいたします。

新型コロナウイルス感染症により療養等をされている方の郵便等による投票について

○郵便等による投票のできる人

 新型コロナウイルス感染症により療養等をされている方で、外出自粛要請等の期間が、投票用紙等の請求時に、選挙の公示日の翌日から投票日の間にかかると見込まれる場合、郵便等により投票することができます。

 ただし、濃厚接触者の方は、郵便等による投票はできませんが、投票所等での投票ができます。

(投票所等での投票の際は、マスクの着用や手指の消毒など、感染拡大防止の徹底をお願いします。)

○投票用紙等の交付請求

 「特例郵便等投票請求書」をダウンロードし、ご記入の上、保健所等が発行する外出自粛要請の書面(就業制限に関する書面等)を添えて、投票日の4日前までに、田尻町選挙管理委員会の委員長に対して、投票用紙等の交付を請求してください。

 請求書を郵送する際のあて名表示については、田尻町選挙管理委員会からお取り寄せいただくか、「受取人払郵便物の表示」をダウンロードしてください。

 請求書の記載に当たっては、作業をされる前に、必ずせっけんでの手洗いやアルコール消毒をしてください。また、出来る限りマスクをつけ、清潔な使い捨てのビニール手袋を着けるようにしてください。

 請求書等を入れた封筒に所定のあて名表示を貼り付け、ファスナー付きの透明のケース等に入れて表面を消毒した上で、同居人、知人等(患者ではない方)に投かんを依頼してください。

 なお、この郵便等による投票の手続においては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪、詐偽投票罪)が設けられていますので、ご注意ください。

特例郵便等投票制度の概要、投票用紙等の請求手続、投票の手続について詳しくは、下記をご覧ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
総務課 
〒598-8588
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺375番地1
電話:072-466-5002
ファックス:072-466-8725
施設案内
申請書ダウンロード
広報たじり