現在の位置

耐震診断・耐震改修について


既存木造住宅の耐震診断・改修に係る費用の一部を補助する制度があります。

(ただし、予算の範囲内となります。)

 

1.はじめに

 熊本地震の影響により被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

熊本地震の直後には約2,000棟の家屋が全壊し、約40,000人の方が避難所生活を送ることになりました。

本町においても、東海トラフ巨大地震や中央構造線断層帯地震などの地震が想定され、最大震度6強となることが予想されております。これらの地震において、町内で1,600人を超える方が避難所での生活を送るものと想定されております。しかしながら、日ごろより防災対策を行うことで被害を最小限に抑えることも可能です。

 町では、突然発生する大災害に備えて、耐震化住宅を促進するため、耐震費用の一部を支援する補助制度を設けています。

 ご家族と長い時間過ごす”我が家”の耐震化のご検討をお願いします。

  2.補助の内容
(1) 耐震診断補助
(補助対象建築物)
1.昭和56年5月31日以前に建築基準法第6条第1項の規定により確認を受けて建築された木造住宅
2.現に居住又は使用しているもの

(補助対象者)
補助対象建築物の所有者

(補助金の額)
耐震診断費用の90%以内で45千円が限度額(ただし、診断費用1,000円/平方メートル以内)

 

(2) 耐震改修補助

(補助対象建築物)
1.昭和56年5月31日以前に建築基準法第6条第1項の規定により確認を受けて建築された木造住宅
2.耐震診断で上部構造評点が1.0未満のもの
3.現に居住又は使用しているもの

(補助対象者)
1.補助対象建築物の所有者(個人又は法人)
2.所有者の直近の市町村民税所得割額(個人は所得割、法人は法人税割)が304,200円未満の方

(補助金の額)
耐震改修計画の作成、耐震改修工事に要する費用で70万円(又は90万円)が限度額

また、耐震シェルターの設置も40万円程度から施工が可能ですので、ご検討ください。

詳しくは下記までお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ先
都市政策課 
〒598-8588
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺375番地1
電話:072-466-5006
ファックス:072-466-5025