現在の位置

国民健康保険料の減免(新型コロナウイルス感染症関連)について

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した場合

減免対象となる条件

 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の給与収入、事業収入、不動産収入または山林収入(以下「事業収入等」という。)のいずれかの令和3年中(令和3年1月~12月)の収入額が、令和2年中(令和2年1月~12月)と比較して30%以上減少することが見込まれる場合。

 なお、新型コロナウイルス感染症の影響により減少した収入の補填額(失業保険等の保険金・損害賠償など)がある場合は収入額に合算して見込額の計算を行います。

(注)国や都道府県から支給される各種給付金(特別定額給付金や持続化給付金等)は補填される額には含みません。

 世帯の主たる生計維持者の令和2年中の収入については、お手元にある源泉徴収票・確定申告書控えなどで確認してください。

 

次の14のいずれかに該当する場合は、上記条件を満たしていても当制度の対象になりません。

 

1.世帯の主たる生計維持者の令和2年中の合計所得金額が1,000万円を超える場合

2.世帯の主たる生計維持者の減収見込の事業収入等に係る所得以外の令和2年中の所得の合計額が400万円を超える場合

3.従来の減免制度により所得減少に伴う令和3年度分の保険料の減免を既に受けている場合

4.雇用保険受給資格者証の提出による軽減措置の適用を既に受けている場合

(注1)令和3年21日~令和4年331日までの間に納期限が設定されている保険料で、軽減措置の適用を受けていない期別がある場合は、その部分のみ当制度の対象となります。

(注2)給与収入以外の事業収入等が30%以上減少する場合は、雇用保険受給資格者証の提出による軽減措置の適用を受けていても当制度の対象となります。

減免の内容

 令和2年度分と令和3年度分で、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限が設定されている保険料が減免対象となります。

減免金額は次の表により計算を行います。減免金額計算表 (PDF:33.1KB)

申請に必要なもの

1.国民健康保険料減免申請書 (RTF:20KB)(新型コロナウイルス感染症影響分)

2.国民健康保険料減免に伴う事業収入等申告書(新型コロナウイルス感染症影響分)

3.主たる生計維持者の現在の収入状況が確認できる書類(給与明細、帳簿等の写し)

4.申請される方の本人確認資料

※1・2については、役場1階住民課にございます。

申請の方法

役場1階住民課の窓口で申請をお願いします。
申請書の記入及び必要書類等の確認をします。

※減免申請書の提出後、概ね1か月程度で結果を通知します。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
住民課 
〒598-8588
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺375番地1
電話:072-466-5004
ファックス:072-465-3794