現在の位置

学校給食だより Part2(8月25日~10月30日)

学校給食の様子やメニュー、おすすめ簡単メニューや料理の豆知識などをどんどん発信していきます。

8月25日からはこちらの「学校給食だより Part2」をご覧ください。

また、8月24日以前の情報は「学校給食だより」をご覧にいただければと思います。

     ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  ≪お問い合わせ先≫  田尻町立小学校

  〒598-0092 大阪府泉南郡田尻町吉見690番地

  電話:072-465-0008

  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

10月27日・28日・29日の学校給食 〈2020年10月30日〉

10月28日の給食は、牛乳 小型黒糖パン わかめラーメン ぎょうざロール マーボー大根でした。

10月28日の給食は、牛乳 かやくごはん 肉じゃが しそひじきの野菜和え だんご汁でした。

10月29日の給食は、牛乳 コッペパン クリームシチュー ウインナー 豆入りサラダでした。

運動会まで、あと少し。どの学年も頑張っています。

どの子どもたちも一生懸命です。

そして、給食も完食のクラスが続出です。

よく食べ、よく学び、よく遊び、よく寝る。

そして、よく笑う。これぞ、幸せですね。

 

≪おまけの話≫

今年の10月は、満月が2回あります。2回目は、運動会の土曜日です。ひと月に2回満月が見られることは、めずらしく、「ブルームーン」と呼ばれています。

運動会の後、お月見を楽しんでみませんか。

小学校中庭横のかりんの木に、実がたくさんです。

10月23日と26日の学校給食 〈2020年10月27日〉

10月23日の給食は、牛乳 ごはん たじりのまごわやさしいよ 大根入りふりかけ さつまじる でした。

10月26日の給食は、牛乳 ごはん 豆腐ハンバーグ 白菜の煮びたし じゃがいものみそ汁 でした。

新米が出回り始めて、ごはんが美味しい季節です。

気候も良い時期になり、給食も食べてほしい和食を多くだしています。

 

 

≪おまけの話≫

和食が多いと、気になるのが、食器の置き方です。

教室を巡回していますが、食事中に黒板前で大きな声で指導することは、もとより控えています。

食事中は、なにより楽しく穏やかな時間にしたいからです。そこで、こんな無言の食育をしています。

一つ一つ前の黒板に貼っていきます。

何も話さなくても、どのクラスでも、自分の置き方と見比べて、合っているなとにこっとしていたり、そろっと、置き方をなおしたり。

もちろん、左利きの人など、違う置き方のほうが食べやすい人もいるかもしれません。

基本の置き方としてお伝えしています。

10月22日の学校給食 〈2020年10月25日〉

10月22日の給食は、牛乳 パンプキンパン 白身魚のエスカベッシュ 野菜の洋風煮 りんご でした。

パンプキンパンには、かぼちゃのペーストがねりこまれているので、鮮やかな黄色のパンでした。

ほんのりとかぼちゃの香りと甘みを楽しみました。

 

 

≪おまけのはなし≫

教室を巡回して学級担任の先生とお話していると、すばらしい取り組みに出会いました。

ご紹介させてください。

田尻小の児童は、授業ごとに「めあて」をもって学習し、最後に「振り返り」をしています。

3年生の図工の鑑賞の振り返りの文章から。「〇〇さんの作品のパプリカの色がピンク色で食べてみたいと思いました。

〇〇くんの玉ねぎに、白いのがないのがいいと思いました。私はやさいがきらいだけど、食べたいなと思いました。

その続きには、運動会の練習について書かれていました。

「次に気をつけようとおもったところは、気を付けです。全員がかまえるところをかっこよくするから見てほしいです。」

子どもたちは、一日一日、一時間一時間、精一杯の学びを積み重ねています。

実は、この授業で積み重ねていることは、社会に出たときに、仕事のPDCAとして発揮されます。

すべてはつながっているのですね。

 

 

 

校庭の隅で、きんもくせいが満開です。

10月21日の学校給食 〈2020年10月22日〉

10月21日の給食は、牛乳 菜めし 肉うどん 五目豆 高野豆腐の煮物 でした。

今日は豆特集献立でした。五目豆には、大豆。

その大豆から作られている高野豆腐。

肉うどんにつかわれている醤油も大豆からできています。

大豆は、いろんなものに変身して私たちの食を豊かにしてくれるすばらしい食べ物です。

 

≪おまけの話≫

教室を巡回しているとたくさんのお箸名人に出会います。

大豆をつまんでいます。

背筋も伸びて、すばらしい姿勢で食事ができています。

6年生ですべてのごはん、おかずが空っぽでした。

にんじんをつまんでいます。

調理員さんが、一つ一つ包丁でサイコロに切ってくださいました。

その一つをこんなに上手につまんで食べている姿にうれしくなります。

そして、高野豆腐。

汁をこぼさない力加減が難しいのに、上手です。

お箸の色が、ウグイス色です。こちらは、3年生です。

ごはんをふんわりとすくって持ち上げる。

反対の手で、お皿を持っています。すばらしい!

10月20日の学校給食 〈2020年10月21日〉

10月20日の給食は、牛乳 米粉パン ホイコーロー 大根のベーコン煮 ビーフンスープ でした。

今日の給食は、お米を炊いたごはんではありませんが、米を原料とする食べ物特集献立でした。

米粉パンとビーフンです。

自給率100%の主食のお米。

毎日の教科の学習の生きた教材が学校給食です。

 

≪おまけの話≫

前回に続いて、お箸の使い方です。

上手に持っている児童がたくさんいます。

お箸を上手く持てると、かっこいいですよね。

ものをはさんだり、つまんだりするときにうごくのは、上のお箸です。

下のお箸は、固定です。

おうちのお箸をうごかして確認してみてくださいね。

学習園のすみで、きれいに咲いているコスモスです。

10月16日・19日の学校給食 〈2020年10月20日〉

10月16日の給食は、牛乳 ごはん 関東煮 にらもやしいため みかんゼリー 大阪玄米入りふりかけ でした。

10月19日の給食は 牛乳 ごはん 鯖の塩焼き きんぴらごぼう 大根の味噌汁 味付け海苔 でした。

≪おまけの話≫

教室を巡回していると、上手くお箸を使っている児童をたくさんみつけました。

このお皿とお箸の持ち方!すばらしいです。

基本の「つまむ」

という作業ができています。

おはしで、汁の具をおさえて、汁を飲んでいるところです。

「押さえる」という作業ができています。

お箸で魚を

「ほぐす」

作業ができています。

なかなか高度ですね。

ごはんに味付け海苔をちょこんとのせて、お箸で、

「くるむ」という作業ができています。

すばらしい!

どの児童のお茶碗に、ご飯粒は残っていません。

一生、役に立つ技術です。みんな、すばらしい!

10月14日・15日の学校給食 〈2020年10月16日〉

10月14日の給食は、牛乳、ごはん、カレー、キャベツとウインナーのソテー、フルーツミックス でした。

10月15日の給食は、牛乳、さつまいもごはん、豚肉の生姜焼き、にゅうめんじる、白菜と揚げの煮物 でした。

15日の豚肉の生姜焼きには、小学校のつくし学級の畑でとれたピーマンも入りました。

緑色、黄色、赤色と鮮やかで立派なピーマンでした。

給食場で、ピーマンを洗っている様子です。

調理員さんが細切りにしてくださったので、ほとんどの児童のお皿に赤や黄色のピーマンが入っていました。

地産地消を乗り越えて、自給自足の給食でした。

学校中でとても美味しくいただきました。

つくし学級のみなさん、  ありがとう。

10月13日の学校給食 〈2020年10月14日〉

10月13日の給食は、牛乳、コッペパン、大阪ミンチカツ、野菜スープ、きのこペンネ でした。

大阪ミンチカツには、大阪産のたけのこが入っていました。

給食で使っているほかの料理のたけのこも、大阪産のたけのこを使っています。

地元でとれる食材を地元で消費することを「地産地消」といいます。

今日は、地産地消の食材が入ったミンチカツでした。

 

≪おまけの話≫

給食場と小学校を結んでいる渡り廊下のそばに、きんもくせいが植えられています。

今日からとてもいい香りがしています。

秋本番です。

運動場からは、運動会の練習の音楽が聞こえてきます。

一生懸命取り組むこどもたちがまぶしく感じます。

給食場からも頑張る子どもたちを応援しています。

10月12日の学校給食 〈2020年10月13日〉

10月12日の給食は、牛乳、わかめごはん、とりのさっぱり煮、くきわかめのきんぴら、すましじる でした。

とりのさっぱり煮は、ごはんがすすむおかずです。

すべての調味料とみじんぎりにしたしょうがとにんにくを煮立たせたところに、鶏肉とごぼうを入れて、コトコト煮込みます。

たくさんの酢が入りますが、食べるときには、酸っぱい味ではなく、さっぱりした味になっています。

人気のメニューです。

大きな釜いっぱいの鶏肉です。

調味料を煮立てたところに入れます。

手羽元でも美味しくできます。

ごぼうが入ったところです。

うずらたまごや大根をいれても美味しくできますよ。

≪とりのさっぱり煮 材料 4~5人分≫

鶏もも肉  250g

ごぼう    80g

酢      50cc

濃口しょうゆ 45cc

さとう    25g

しょうが   ひとかけら

にんにく   ひとかけら

水      25cc

≪おまけの話≫

小学校では、月末の運動会にむけて、全体練習がスタートしました。

秋の晴天の中、気持ちもワクワクしています。

元気に練習して当日を迎えることができるために、おうちでの「早寝 早起き 朝ごはん」にご協力よろしくお願いします。

10月9日の学校給食 〈2020年10月12日〉

10月9日給食の献立は、牛乳、ごはん、ビビンバ、ミニパオズ、たまねぎスープ でした。

ビビンバは、人気メニューです。各自でごはんにかけていただきます。

 

≪おまけの話≫

子どもたちには、しっかりと食事マナーを身につけてほしいと思っています。

「食べ方」がかっこいいと、自分も周りの人も気持ちがいいものです。

この写真は2年生の教室での子どもの様子です。

褒めたいことだらけです。

1、食事中の机がきれい。

2、食器の並べ方が正しい。

3、スプーンを持つ手と反対の手で、食器を持っている。

4、ご飯粒がのこらないように食べている。

5、背筋が伸びていて姿勢がきれい。

6、おかずの食べ方がきれい。

食事中は、いいところを見つけて、たくさんほめてあげて、楽しく過ごしたいです。

できることから少しずつでいいですから。

10月8日の学校給食 〈2020年10月9日〉

10月8日の給食は、牛乳、小型コッペパン、ソーススパゲティ、ブロッコリーのサラダ、みかんとナタデココ でした。

学校給食では、大量調理の衛生管理のために、やきそばをつくることが難しいのです。

苦肉の策として生まれたのが、ソース味のスパゲティとして、登場しています。

「やきそば増やして~。」と教室から聞こえると、「ソーススパゲティなんだけど。」と、こっそり思っています。

楽しく美味しく食べていることがなによりです。

 

≪おまけの話≫

田尻町の小学校も中学校も学校給食の残量は、本当に少ないです。

食べ物を大切に思う気持ちが浸透しています。

本当にすばらしいことです。

その気持ちは、食べ物だけに限りません。

この写真は、職員室前の落とし物コーナーです。

今年度、新たに増えた落とし物。マスクです。

一番多いのが、かわいいポケットティッシュです。

どの落とし物も、おうちで買っていただいた愛情がこもっているものです。

知らずのうちに落としてしまうのですよね。

何とか落とした人に届けてあげたいと思っても、かないません。

持ち主に必ず戻る方法は、「名前」を書くことです。

クラス、名前があれば、落としても届きます。

食べ物も、持ち物も大切に思って、すごしませんか。

10月5日・6日の学校給食 〈2020年10月7日〉

10月5日の給食は、牛乳、ごはん、豚汁、豆豆じゃこっぴ、白菜と小松菜の煮びたし でした。

10月6日の給食は、牛乳、コッペパン、おいものカレースープ、あじのフライ、野菜添え でした。

同じ料理でも、その日の組み合わせによって、具材の量や味付けを調整しています。

6日には、あじのフライにソースをかけていたので、野菜添えには、塩をせず、野菜そのままの味で食べました。

キャベツの甘味をより味わうことができました。

 

≪おまけの話≫

 小学校の水道の蛇口のほぼ半数が変わりました。

手洗い場の水道の蛇口がレバー式に交換されました。

蛇口に触れずに、手洗いをすることができます。

大切に使いつづけたいです。

10月1日、2日の学校給食 〈2020年10月5日〉

10月1日の給食は、牛乳、パーカーパン、うさぎ型ハンバーグ、肉団子と春雨のスープ、キャベツのソテー、月見デザート でした。

10月2日の給食は、牛乳、麦ごはん、ハヤシライス、ボイルサラダ、トロピカルミックス でした。

給食の時間の校内放送では、1日2日ともに、お月見のお話しをしました。

満月なのは、10月2日でした。

収穫の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、

さて、どんな楽しい秋にしようか、おうちで楽しくお話ししてみてくださいね。

≪おまけの写真≫

観察池のそばで、彼岸花がさいています。

今年は特に、きれいなお花や風景にとても心が和みます。

お月見の日だけに限らず、自然の恵み、たくさんの方々のおかげで、毎日食事できることに、思いをめぐらせることができる人になってほしいです。

9月28日と30日の学校給食 〈2020年10月1日〉

9月28日の献立は、牛乳、ごはん、たじりっちカレー、カラフルソテー、フルーツミックス でした。

たじりっちカレーは、田尻町の健幸レシピです。

田尻町でとれる里芋とたくさんの玉ねぎが入っています。

また、中学校のたじりっちカレーには、たこも入っています。

地元でとれる野菜のことや、健康を考えた献立であることを子どもたちに伝えたいメニューです。

 

9月30日の献立は、牛乳、菜めし、きつねうどん、(揚げの甘煮)、スタミナ炒め でした。

きつねうどんは、大阪が発祥の地といわれています。

甘辛く煮た揚げと、うす味のお出しのうどんが絶妙な組み合わせの一品です。

校内放送では、どうして揚げのことを「きつね」と呼ぶのかを説明しました。

給食場の様子です。

 

 

釜いっぱいに、うどんを炊いています。

 

夏場にはなかった久しぶりのあたたかい麺料理です。

 

 

鉄釜で揚げを炊きます。

 

850枚をコトコト煮込みました。

 

 

≪おまけの話≫

お月様がきれいに見える秋の夜空になってきました。

今年のお月見は、10月1日です。

お月見は、秋の収穫を祝って、満月にちなんで、栗やだんごもちを供えます。

ススキを飾るのは、稲に見立てて、稲穂の成長と秋の収穫に感謝する意味があります。

いつの時代にも、光り輝く月夜を見ながら、ホッとするひとときを過ごしてきたであろう秋の行事ですね。

ぜひ、おうちで子どもさんと一緒にすてきなお月見の時間をすごしてくださいね。

9月25日の学校給食 〈2020年9月28日〉

9月25日の学校給食は、牛乳、かやくごはん、すまし汁、ミンチかつ、きんぴらごぼう でした。

ミンチかつには、大阪産のたけのこが入っています。

香ばしいきんぴらごぼうもあり、噛み応えのある献立でした。

 

 

≪おまけの話≫

今週は、楽しい朝ごはんになるように、簡単栄養満点おにぎりを紹介しています。

今日は「とりごぼうおにぎり」です。

 

ミンチの鶏肉とごぼうの炒め煮があると、とても重宝します。

今日はおにぎりにしてみましょう。

まず、炊きたてご飯と鶏肉とごぼうの炒め煮を混ぜます。(お好みの分量で)

 

おにぎりの型の上にラップを敷きます。

その上にのりを置きます。

 

 

とりごぼうご飯をのせます。

のりをくるむように巻いて、ラップを型に沿わせてくるみます。

 

完成です。

このおにぎりだけでもエネルギーのもと・身体をつくるもと、調子を整えるもとがそろいます。

「早寝 早起き 朝ごはん」元気の土台です。

しっかり食べて登校しましょう。

9月24日の学校給食 〈2020年9月25日〉

9月24日の学校給食は、牛乳、小型コッペパン、ソーススパゲティ、大根のベーコン煮、パイン でした。

 

大根のベーコン煮は、小さいおかずです。

1人分は、少しですが、給食場の大根は、こんなにたくさんでした。

ベーコンのうまみと大根の甘味が美味しいおかずです。

 

 

≪おまけの話≫

今週は簡単楽しい朝ごはんを紹介しています。

おにぎり型を使った簡単おにぎりを紹介します。

 

 

 

おにぎり型を開いて

上に大きくラップを広げます。

 

ラップの上に、

レンジで1分程加熱したレタスを載せます。

水分は、ペーパータオルなどでふきとります。

これが、のり替わりになります。

 

 

レタスの上にごはんとお好みの具をのせます。

今回は、人気のツナマヨです。

 

 

型に沿って、ツナマヨごはんをレタスでくるみます。

おにぎり全体をラップでくるむと、できあがりです。

 

田尻っ子に必要な野菜がたっぷりで色鮮やかなおしゃれおにぎりです。

9月23日の学校給食 〈2020年9月24日〉

9月23日の学校給食は、牛乳、ごはん、鯖の塩焼き、たじりのまごわやさしいよ、けんちん汁、あじつけのり でした。

「暑さ寒さも彼岸まで。」というように、ずいぶんと過ごしやすい気候になりました。

給食メニューも、秋らしい和食でした。

 

 

≪おまけの話≫

 涼しくなったとはいうものの、連休が続くと、朝の早起きが億劫になるものです。

そんな時、こんな楽しい朝ごはんは、いかがでしょうか。

「ニコニコおにぎり」

名前は、オリジナルでかわいい名前をつけてくださいね。ポイントは、このおにぎり1つで、エネルギーの元となる食べ物・身体をつくる食べ物・調子を整える食べものの3つがそろっていることです。まず、エネルギーのごはん、次に身体をつくる鮭(鮭おにぎりです)、そして、調理を整えるブロッコリー(耳と足は、ブロッコリーです)。

おにぎりにすると、洗い物が食後にでません。

ラップにくるんでいるので、食べこぼしの心配もありません。

なにより、楽しく食べることができます。

大きさや、具材は子どもさんに合わせて、楽しいおにぎり朝ごはんにしてみましょう。

 田尻っ子の健康長寿を願っています。

まずは、規則正しい生活習慣。「早寝 早起き 朝ごはん」を身につけましょう。

9月14日の学校給食 〈2020年9月24日〉

9月14日の給食は、牛乳、ごはん、豚丼、くきわかめのきんぴら、さつまいものみそ汁でした。

小学校では、ようやく高学年の委員会活動が再開し、掲示板、放送、保健活動などさまざまなところで児童による学校運営が見られるようになりました。

児童自身が、こんな学校にしたいと思うことが実現できる委員会活動。

給食委員会は、手洗い実験をして洗い残しの多い部分をポスターにして広報しています。

指の付け根。手のひらのしわ。

爪とその周りのくぼみ。

水道の出しっぱなしにも気をつけて、手洗いしましょう。

9月18日の学校給食 〈2020年9月23日〉

9月18日の学校給食は、牛乳、ごはん、チンジャオロースー、大根のみそ汁、高野豆腐の煮物、大阪玄米入りふりかけでした。

校庭では、たくさんのとんぼが低空飛行しています。

秋の気配をあちこちで感じるようになりました。

 

≪おうちでクッキング≫

前回はおうちで簡単に果物のコンポートを作る方法を紹介しました。

今日はそのおまけです。

コンポートのシロップから簡単ゼリーの作り方を紹介します。

 

コンポートの残りのシロップを使います。

 

もちろん、果物缶をそのまま使用できます。

 

ゼラチンを決められている通りに、水に浸して湿らせます。

 

温めたコンポートのシロップに加えます。

 

 

お好みの容器に入れて、冷蔵庫で固めるとできあがりです。

9月17日の学校給食 〈2020年9月18日〉

9月17日の学校給食は、牛乳、ゆうやけごはん、豚肉の生姜焼き、わかめスープ、やきいも、でした。

田尻町から見える夕焼け、夕日がとてもきれいですね。

それをごはんで表しています。きれいなオレンジ色は、実はすりおろしたたくさんのにんじんです。

 

≪おうちでクッキング 果物のコンポート≫

今週は、おうちでクッキングを特集しています。

今回は、黄桃のコンポートをご紹介しましょう。実はとても簡単で重宝します。

 

 

コンポートにするなら、産直店などで売られているお得な果物がおすすめです。

今回は、箱入りの黄桃を使いました。

 

まずは、皮むき。

サッと湯につけて写真のように湯剥きすると簡単です。

可食部分を切り取ります。

1個からの可食部分の重さをはかります。

何個分かで、桃の重さを概算で計算しましょう。

桃をお鍋にいれたあと、

グラニュー糖 桃の10%

白ワイン 桃の10%  

水 桃の10%をお鍋に加えて、炊き始めます。

 

果物の水分で、ほぼ全体が汁につかるようになります。

できれば、こまめに灰汁をとります。

お玉などでかきまぜないことがポイントです。

鍋ごとゆっくり左右に傾けて汁をなじませてください。

 

5分ほど、沸騰させて煮るだけで、できあがりです。

そのまま冷ましたあと、冷蔵庫で冷やします。

 

冷やしたコンポートは、そのままで美味しいです。

ヨーグルトやパンケーキに添えていただくのも美味しいです。

ぶどうや、りんご、いろいろな果物にアレンジできます。

 

9月16日の学校給食 〈2020年9月17日〉

9月16日の学校給食は、牛乳、ごはん、中華丼、ミニパオズ、いためナムル、でした。

≪おうちでクッキングのお話≫

今週は、週末の連休中におうちでクッキングを楽しみましょうという特集です。

ぜひ、子どもさんと一緒に料理してみてください。

今日は、にんじんの切り方を紹介しましょう。

 

 

いろんな料理に大活躍のにんじんです。

いろんな切り方を覚えるのには、おすすめです。

 

 

 

まず、洗って、皮をむいて、

ヘタを切ります。

 

 

左から、輪切り

輪切りを半分に切ったのが、半月切り

さらに半分にすると、イチョウ切りになります。

 

これは、短冊切りです。

方法は2つ。

1cmくらいの輪切りにしたものを切ったもの。

または、3cmほどの大きな輪切りにしたものを、縦1cmくらいに切ります。

それをうすく切ると短冊の形になります。

 

中華料理には、中華切り。

人参を1cmくらいの斜め切りにします。

大きければ、矢印のように、斜めにカットします。

 

 

写真の線のようにカットすると、かっこいい斜め切りになります。

楽しい飾り切りもおすすめです。

包丁を使わなくても、型抜きも楽しいですよ。

輪切りにしたにんじんを、

星型、花形などいろいろな楽しい形に、型抜きしてみましょう。

たくさん作って、サッと下茹でしたものは、冷凍もできます。

日々の料理のお楽しみにも使えます。

おうちでクッキングのポイントは、子どもがどれだけ頑張るかよりも、大人の気持ちと時間にどれだけゆとりがあるかが、ポイントです。

ゆったりした気持ちと時間があるときに、大人も楽しみましょう。

子どもたちは、小さな達成感、楽しみをたくさん味わうことで、もっとチャレンジしたくなるものですから。

9月15日の学校給食 〈2020年9月16日〉

9月15日の学校給食は、牛乳、コッペパン、白身魚のエスカベッシュ、コーンと枝豆のソテー、ぐりとぐらのスープでした。

 

 

≪おまけの話 おうちでクッキング≫

2学期が始まり、一か月がたとうとしています。

ようやく暑さも和らいだ中、週末の休みを楽しみにしている子どもたちも(大人も)多いことと思います。

そんな休みにおうちでクッキングを楽しんではいかがでしょうか。

基本中の基本をご紹介しましょう。

 

 

卵で成功体験!

子どもにとって、実はドキドキする卵の割り方。

はじめてなら、なおさら緊張さえするものです。

 本当に小さな成功体験を山ほど積み重ねることで、自信と、もっとチャレンジしたいという気持ちが生まれるものです。そんな経験を卵からしてみませんか。

コツを紹介しましょう。

 

 

 

まず、卵を軽く持って、平な台に「コツン。」と当てます。

コツンと当たった部分が少しへこみます。

 

 

この、平なところにコツンとあてることが、ポイントです。

ボールの角や、机の角で割れ目を入れようとしてしまいがちですが、ぐしゃっと割れて中身も床に、なんてことはありませんか。

心配でしたら割れてしまっても大丈夫な入れ物の平らな部分でコツンとすれば安心ですね。

 

 

 

次に、

割れ目の部分に両手の親指を当てます。

 

 

 

そっと、開ければできあがり。

 

卵焼き、オムレツ、スクランブルエッグ、いろんな料理ができますよ。

ぜひ、子どもさんに料理をさせてあげてください。

9月10日・11日の給食 〈2020年9月14日〉

9月10日の給食献立は、牛乳、ココアパン、ジャーマンポテト、コーンスープ、トロピカルミックスでした。

 

 

9月11日の給食献立は、牛乳、わかめごはん、ホイコーロー、あげのオーブン焼き、すましじる(中学校は、かきたま汁)でした。

 

 

毎日、学校給食には野菜がたくさんでます。

田尻っ子が健康長寿になるためです。

 

11日には、小学生一人100g以上の野菜の入った給食でした。

給食場でたくさんの野菜を切っている様子です。

 

 

 

たくさんの玉ねぎが目にしみます。

 

 

 

ホイコーローには、たくさんのキャベツが入ります。

 

 

 

すまし汁には、色鮮やかな小松菜が入りました。

素材の味を活かした野菜たっぷりの食事です。

9月9日の献立 〈2020年9月10日〉

9月9日の献立は、牛乳、ごはん、マーボー丼、切干大根の中華煮、焼きぎょうざです。

 

焼きぎょうざは、給食場の大きなオーブンで、小学校と中学校合わせて2000個を超える数を焼きました。

皮はカリッと、具はもっちりと焼けています。

中華風のメニューなので、切干大根も中華風で煮込んでいます。

この切干大根の中華煮には、さりげなくピーマンが入っています。

もちろんにんじんも入っています。

もしかすると、苦手な人も気づかずに食べているかもしれません。

 

 

≪おまけの話≫

栄養教諭は、給食時間に各クラスを巡回しています。

今日は1年生配食の様子。

エプロン、帽子、マスクを着用して、一人ずつ並んで準備します。

おかずやごはんの前で、「ふつう。」「多め。」「少なく。」と自己申告しています。

無理なく食べられる量を申告して、最後に食缶に残らないように調整していました。

友だちと助け合って準備をする様子に成長を感じました。

9月8日の献立 〈2020年9月8日〉

9月8日の献立は、牛乳、パーカーパン、まめいりサラダ、ハンバーグ、おばけパーティのスープです。

 

おばけパーティは、絵本「おばけパーティ」に出てくるかぼちゃのスープです。

給食場では、このようにして作られています。

 

 

ベーコン、玉ねぎを炒めてから、水を入れて煮込み始めます。

 

こまめに灰汁をとるのがポイントです。

 

 

 

コロコロサイズに切った生のかぼちゃが入ります。

 

 

かぼちゃのペーストも加えます。

 

あざやかなかぼちゃ色のスープになります。

 

 

野菜たっぷりのかぼちゃのスープ「おばけパーティのスープ」のできあがりです。

9月7日 たまねぎスープ 〈2020年9月7日〉

今日の給食は、牛乳、ご飯、ドライカレー、さといもコロッケ、たまねぎスープでした。

たまねぎスープには、もちろん玉ねぎがたくさん入っています。

実は2種類の玉ねぎを使っています。

1つは、生の玉ねぎです。

やわらかく煮込まれていますが、しっかり食感も楽しめます。

 

 

もう1つは、ソテードオニオンです。

↓解凍したソテードオニオン

大阪産の玉ねぎからつくられている冷凍食品です。

しっかり炒めて玉ねぎの甘味をひきだしています。

年中、煮込み料理や、今日のような玉ねぎスープに大活躍しています。

地産地消に一役かっています。

 

 

≪おまけの話≫

野菜のうまみ、だしのうまみを活かした料理。

野菜本来の歯ごたえ、食感を楽しむ料理というのは、田尻町の子どもたちの健康課題ととても関係があります。

田尻町の大人の健康課題は、高血圧。

おうちで同じ食べ物を食べている子どもたちの将来を考えると、子どものうちからの減塩教育は欠かせないと考えています。

減塩するなら、素材そのもののうまみやだしのうまみを活用した料理が何より効果的な料理です。

そして、田尻小の子どもたちの健康課題は、朝うんちが出ないこと。

これもしっかり野菜、しかも朝に野菜を食べてほしいのです。

そのためには、ゆとりのある朝にしなくてはなりません。

おすすめは、前日の夜に多めにスープや味噌汁を作っておいて、朝も食べる。

これで、おうちの方の負担は少なく、あとは児童が早寝早起きをするだけです。

給食現場から、田尻町の健康長寿を願っています。

9月4日「880万人訓練」 〈2020年9月8日〉

今日の給食は、牛乳、ご飯、ハヤシライス、三色ソテー、りんごでした。

今週は、防災週間でした。

給食時間の放送原稿を紹介しましょう。

 

「今週は防災週間です。いつ起こるかわからない災害に、日ごろから準備しておきましょう、という週間です。

そして、今日は「大阪880万人訓練」の日です。「880万人」という数字は想像できますか。田尻町の人口は約8000人です。その1100倍の人数の人が大阪府に住んでいるのです。こんなにもたくさんの人が災害に負けず、しあわせに暮らしていくには、一人ひとりの災害に対する準備と人との助け合いが大切です。みなさんも、自分のこととして考えてみましょう。今日の給食もよくかんでいただきましょう。」

 

訓練の日だけでなく、日ごろからの備え、日ごろからの人との助け合いを大切に過ごしたいです。

9月3日の給食 〈2020年9月4日〉

9月3日の給食は、牛乳、コッペパン、豆腐のカレースープ、鶏肉とポテトのハーブ焼き、ブロッコリーのサラダでした。

 

 

まだまだ暑い日が続いています。

カレーやハーブなどの香辛料を上手く組み合わせて、食欲のわく献立を心がけています。

今週は防災週間です。

今日は学校給食場の食品庫を紹介しましょう。

給食場は、調理室のほかに検収室、下処理室、食品庫などがあります。

食品庫には、写真のような調味料や缶詰など保存できるものが約1ヵ月分おかれています。

写真はα化米です。

学校での炊き込みご飯に使用するものです。

一度炊き上げたお米を急速乾燥させたもので、最近では災害の備えとしての防災食としても知られるようになりました。

多い時には、数十キロのα化米が食品庫にあり、毎日使用して新しいα化米に入れ替わっています。

このように、保存食としても活用でき、定期的に消費する食品を「ローリングストック」といいます。

食べなれている味が防災食でもあるというのは安心ですね。

おうちでの「ローリングストック」を見直す機会になればと思います。

9月1日 9月2日の給食 〈2020年9月3日〉

9月1日の給食は、牛乳、小型コッペパン、イタリアンスパゲティ、キャベツとウインナーのソテー、みかんとナタデココでした。

防災週間なので、給食時間にも関連した内容の放送をしています。

「みかんの缶詰も立派な防災食になります。」というお話をしました。

 

 

 

9月2日の給食は、牛乳、ご飯、だんご汁、みそカツ、まめまめじゃこっぴでした。

みそカツは新メニューでした。

みそだれが好評でした。

 

 

 

給食時間の放送内容をご紹介しましょう。

今日も防災週間に関する内容でした。

 

【放送内容】

今週は防災週間です。いつ起こるかわからない災害に日ごろから備えておきましょう、という週間です。「防災」のための食事といっても、長く保存できる食事のことばかり考えるのではありません。今、目の前にある給食を考えてみてください。そのまま明日まで置いたままだと食べられなくなります。今しか食べられない食事です。防災について考えるとき、「そなえる」ということと、「今を大切にする」という2つの視点を持って考えましょう。

 

食事のことにとどまらず、今生きているということについて、立ち止まって考える機会と捉えてはいかがでしょうか。

おうちでもお話していただければと思います。

 

9月1日 防災の日 ≪2020年9月2日≫

昨日は防災の日でした。

おうちにある防災食の賞味期限などを見直して入れ替えをすることもあるかもしれません。

防災食の定番と言えば、「乾パン」があります。

缶詰の乾パンは5年間も持ちます。

普段そのまま食べるには、少しモサモサしますので、こんなアレンジはいかがですか。

 

※避難先での料理例ではありません。あくまで、防災食としての入れ替えやお菓子作りのアレンジとして紹介します。

 

~乾パンお菓子の塩キャラメル味~

 

材料

乾パン  200g

さとう   50g

バター   40g

バニラオイル 数滴

サラダ油  小さじ1

塩     少々

 

 

作り方

 

フライパンに乾パン以外の材料を全部入れます。

 

 

中火で材料を溶かし混ぜます。

色づくまで混ぜ続けます。

 

 

ここからは、時間勝負!

キャラメル色になったら火を止めます。

 

 

一気に乾パンを入れて、キャラメルを乾パンにからめるように混ぜます。

 

 

すばやく乾パンをクッキングシートに広げます。

5分もすれば、カキンコキンに固まってできあがります。

 

 

≪おまけの話≫

今回ご紹介した乾パンクッキングは、去年小学校で行われた防災キャンプで作ったものです。

とても簡単にできて、美味しいと好評だったものです。

固まると、コリコリした食感で、つい、たくさん食べてしまいます。

食べすぎ注意のデザートです。

8月31日の学校給食 ≪2020年9月1日≫

8月31日の献立は、牛乳、ご飯、ツナそぼろ、にゅうめん汁、あじつけのり、和梨ゼリー でした。

今日の暑さも厳しいものでしたが、小学校も中学校もほとんどお残しなく、たくさん食べています。

田尻町オリジナルの味付け海苔も定番となっています。

さっぱりしたゼリーも好評でした。

今週は防災週間です。

小学校の給食の時間の校内放送の内容をご紹介します。

「今週は防災週間です。台風やいつ起こるかわからない地震などの災害に日頃から準備して備えておきましょう、という週間です。今日の給食にはツナが使われています。缶詰のツナは、長持ちもして、そのまま食べることができます。日常の食品としても防災のための非常食としても使える優れものなのです。」

今週は、防災食について特集したいと思います。

8月27日と28日の学校給食 ≪2020年8月31日≫

8月27日の学校給食

牛乳、アップルパン、スパイシーチキン、ビーンズミネストローネ、スイートポテトでした。

 

カリカリと香ばしいスパイシーチキン。

 

 

給食場の大きな釜でこんがりと揚げます。

 

クラス毎に一つ一つ数えています。

 

加熱後の取り扱いには、細心の注意を払っています。

専用エプロン、手袋をして、器具を使用して数えます。

 

 

 

8月28日の学校給食

牛乳、ごはん、ビビンバ、わかめスープ、めざし、でした。

 

暑さにも負けず、学校中でほぼ完食でした。

中学校も学校給食開始 ≪2020年8月27日≫

8月26日から中学校も2学期の学校給食が始まりました。

献立は、牛乳、ご飯、ビーフカレー、フルーツミックス、ミニフィッシュでした。

 

2学期といっても、まだまだ暑い8月です。

今週のメニューは食べやすさを重視した内容になっています。

小学校の給食時間の教室を巡回していると、静けさの中、緊張感が漂っています。

引き続き、みんな前を向いて、おしゃべりなしで食事をしています。

 

お皿にご飯粒がのこらないように、かっこよく食べています。

がんばっているみんなを褒めてあげたくなります。

 

 

≪おまけの話≫

各クラスを巡回していると、全教室の前側に白いボックスが新しく設置されていることに気づきました。

全児童のタブレットを収納するためのボックスです。

着々とICT化が進んでいます。

活用した授業が楽しみですね。

2学期給食開始 ≪2020年8月26日≫

2学期給食開始しました。

8月25日、小学校では給食が開始されました。

牛乳、パーカーパン、ピザソース、肉団子と野菜のスープ、ゼリーでした。

各自でピザソースをパンにはさみこんで、セルフピザパンにしていただきます。

ひさしぶりの学校給食でゆったりとしたお昼の時間を楽しんでいました。

 

 

≪おまけの話≫

夏休みの前後に行われた給食場の空調工事。

写真のように、たくさんの大きいホースが天井からにょきにょきとぶら下がっています。

ここから温度調整された冷風が出てきます。

教室で勉強している子どもたちと同様、調理員さんも健康一番で頑張ります。

野菜の洋風煮 ≪2020年8月25日≫

「このメニューが一番好き!」という声も聞きます。

野菜の甘味がとても美味しい一品です。

「野菜の洋風煮」をぜひおうちでも作ってみてください。

 

≪材料≫作りやすい分量にしています。(たっぷり4~5名分)

鶏もも肉  100g

油   小さじ1

塩    小さじ1/2

こしょう  少々

玉ねぎ  大半分

にんじん  1/2本

コーン缶  1つ 

じゃがいも  2こ

キャベツ  1/2玉

固形スープの素 1つ

水     1L

淡口醤油  大さじ1

 

 

≪作り方≫

なべに油をひき、鶏肉と玉ねぎをよく炒める。

(玉ねぎは、色紙切りにする。)

 

 

 

厚いイチョウ型に切ったにんじんを加えてさらに炒める。

水を加え煮込む。

灰汁が出てきたら適宜とる。

 

 

一口大に切ったじゃがいもと色紙切りにしたキャベツとコーンを加えて煮込む。

 

 

醤油を加えて味を調えて仕上げる。

≪おまけの話≫

7月から行われていた給食場の工事が終わろうとしています。

天井から何本もホースのようなものがぶら下がっているのがわかりますか。

これが、空調設備です。

給食開始に向けて準備をしています。

いよいよ2学期給食が始まります。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。