親子ふれ愛食体験

平成28年度実施報告

 6月30日(木)に実施し、20組の親子が参加してくださいました。食体験では、子どもが実際に食材に触れ、親子で一緒に作ったり食べたりすることで、食への興味を深め、家庭での食育につながること目的としています。今回のメニューは、「簡単手作りピザ」「おばけパーティーのスーフ゜」です。材料をこねたり、トッピングをしたりとそれぞれの子どもたちができることを通して食事作りを楽しみました。食体験後の感想では、「嫌いな野菜を食べられてびっくりした」「家ではできない経験ができて良かった」などの声が聞かれました。ご家庭でも、お子様のやりたい意欲を大切に、食を通じたコミュニケーションの機会をいっぱい作ってあげましょう。

shokutaiken
 

平成29年度実施報告

6月29日に開催された親子ふれ愛食体験事業に13組の親子が参加してくださいました。食育や料理を通じた親子、参加者どうしのコミュニケーションの機会として、毎年好評の食体験、今回は「まごわやさしい混ぜご飯」と「パンプキンポタージュスープ」です。

 

「まごわやさしい混ぜご飯おにぎり」

保育所・幼稚園や小中学校の給食でも食育として取り入れているのが「まごわやさしい」メニュー。

ま⇒豆類 ご⇒ごま わ⇒海藻類(わかめ) や⇒野菜類 さ⇒魚類 

し⇒きのこ類(しいたけ) い⇒いも類

といった普段から摂ってほしい栄養がギュッと詰まったメニューのことです。

 

「パンプキンポタージュスープ」

かぼちゃを丸々一個を使ったスープです。かぼちゃの外側はスープの器として、中身はスープの具として使いました。かぼちゃ以外に、たまねぎやまいたけなどを入れた、野菜の旨味タップリのポタージュスープです。

 

どちらの献立も、小さなお子様でも楽しめる内容で、材料を混ぜたり、かぼちゃの実をくり抜いたり親子で一緒に食事作りをたのしみました。食育啓発では、絵本を紹介したり、野菜の断面を見たり触ったりして、身近な食材をとおして日頃の食事や、家庭での食育を振り返るきっかけとなりました。

 

syokutaiken

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
健康課 
〒598-0091
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺883番地1
電話:072-466-8811
ファックス:072-466-8841