現在の位置

子宮頸がんワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の接種を希望される方へ

子宮頸がんワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の積極的な接種勧奨が再開されます

令和3年11月26日に積極的勧奨が再開されることになりました

 平成25年6月以降、厚生科学審議会においてワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛等の副反応が報告されました。そのため、同副反応の発生頻度がより明らかになるまで、積極的な接種勧奨は差し控えられていました。               

 しかし、最新の知見を踏まえ、改めてワクチンの安全性に特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められましたので、接種的な接種勧奨の差し控えが解除されました。

 接種を希望する場合は、厚生労働省のリーフレット(下記添付資料)を参考に効果と副反応を十分に理解した上で接種してください。

 

子宮頸がんとは

・ほとんどの子宮頸がんは、性交渉によるヒトパピローマウイルスの感染が原因となっています。ヒトパピローマウイルスには、子宮頸がんを起こす15種類ほどの種類があります。

子宮頸がんワクチンとは

・がん発症を予防する2種類(子宮頸がんを起こしやすいタイプ16型・18型)が入っています。(2種類以外の感染の予防はできません)ワクチンにより全ての型を予防することができませんが、ワクチンを接種し、20歳以降定期的に子宮頸がん検診を受診することでほとんどの子宮頸がんは予防できると言われています。子宮頚がんワクチンには、「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。2種類のワクチンから1種類を選択して接種することになっています。

子宮頸がんワクチン対象者

・接種時に田尻町に在住する小学校6年生~高校1年生相当の女子

※積極的な接種勧奨の差し控えによって、接種機会を逃した方への対応については、国において審議中ですので、まだ決まっておりません。)

接種方法

・接種を希望される方は、母子手帳を持参し、健康課窓口へお越しください。

・予診票を発行します。

接種場所

・予防接種実施医療機関一覧を参照して予約してください。

注意事項

・接種の際は、必ず接種後の副反応について理解した上で接種するようにして下さい。

問合せ先

・たじりふれ愛センター(健康課) 電話:072-466-8811 FAX:072-466-8841

 

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
健康課 
〒598-0091
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺883番地1
電話:072-466-8811
ファックス:072-466-8841