現在の位置

田尻町新型コロナウイルスワクチン情報

田尻町では、町民の皆様の健康を守るため、1日でも早くワクチンを接種していただけるよう、全力で取り組んでいます。
なお、お知らせしている情報は、令和3年10月10日時点のものです。今後、変更になる場合がありますのでご了承ください。

田尻町におけるワクチン接種率

ワクチン接種率10月10日現在

(※)年齢は、令和4年3月31日時点です。

(※)12歳の方は、誕生日の前日から接種可能です。

(※)12~15歳の方は、保護者の同意と同伴が必要です。

接種回数

1人2回 (接種には、ご本人の同意が必要です。)

(注意)

予約は1回目と2回目のセット予約となります。
2回目の接種は、1回目の接種の3週間後の同じ場所・同じ時間で行います。ご都合の悪い方は、コールセンターにご相談ください。

ワクチンの種類

ファイザー社製ワクチン

接種費用

無料 (接種前後の通常診療などについては、自己負担が生じる可能性があります。)

接種会場

【集団接種】

※8月29日と9月19日のセット予約をもって終了しました。

【個別接種】

各協力医療機関(診療日で、下の表の〇の時間帯に実施)

協力医療機関一覧

(10月1日以降の1回目接種日より)

医療機関名(50音順)

住所

 

島田診療所

吉見665‐4

午前          
午後          

みのにしわかこJOYクリニック

嘉祥寺665‐1

午前          
午後        

〇接種の時間帯については、コールセンターにお問い合わせください。

〇泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・岬町の協力医療機関でも接種可能です。
 協力医療機関については、田尻町コロナワクチン接種コールセンターにてお問合せください。

接種までの流れ

必ずコールセンターでの予約が必要です。
(協力医療機関では、予約できません。)

1.接種するために必要な接種券(クーポン)が届く。

2.現在、何らかの病気にかかって治療中の場合は、かかりつけ医に接種可能か相談する。(予診票の記入に必要な項目になります。)

3.田尻町コロナワクチン接種コールセンターにて接種予約(WEB予約または電話予約)を行う。

(注意事項)

  ※WEB予約枠以外に電話専用の予約枠があります!!
  予約には接種券番号(接種券(クーポン)に掲載)が必要です。
  予約は接種日の7日前までです。
  WEB予約は登録するメールアドレス1つにつき1人分の予約となります。
  WEB予約は田尻町専用です。

4.予約した日時・場所で接種を受ける。

WEB予約の方で予約後10分以内に申込完了メールが届かない場合は、お電話でコールセンター(0120-558-836)まで申込完了の確認をお願いします。

※接種や予約等で配慮が必要となる場合は、事前に健康課へご相談ください。

※令和3年11月から予約はコールセンターでの電話受付のみとなります※

予約のキャンセル・変更について

予約キャンセルの場合は、7日前までにコールセンター(0120-558-836)へお電話ください。

それ以降については、個別接種の場合は各協力医療機関、集団接種の場合は田尻町健康課(電話072-466-8811)にご連絡ください。

当日の持ち物と服装

【当日の持ち物】

接種券(クーポン)(切り離さず台紙ごとお持ちください)
予診票(記入の上お持ちください)
お薬手帳(お持ちの方)
本人確認書類(運転免許証、保険証等)
申込完了通知はがき(電話予約の場合)又は申込完了メール(WEB予約の場合)

【当日の服装】

上腕が速やかに露出できる服装

接種日までにできること

・かかりつけ医をお持ちの方は、接種して良いかご確認ください。(予診票の記入に必要な項目になります。)

・ワクチンに関する質問等は、事前にコールセンターにてお問合せください。

接種を受けることができない人

以下の方は、接種を受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方は、かかりつけ医にご相談ください。

  • 明らかに発熱(一般的に37度5分以上)している方
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなどの重度の過敏症(全身性の皮膚・粘膜症状、喘息、呼吸困難、頻脈、血圧低下などのアナフィラキシーを疑わせる症状)の既往歴のある方
  • 上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

(注意)

アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質が体内に入ることによって、複数の臓器や全身に症状が起こり、生命に危険が及ぶ過剰反応のことです。

詳細は厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチン接種についてのQ&A」に記載の「5.接種の対象や優先順位について」をご覧ください。

 

やむを得ない理由がある場合の住民票所在地以外での接種

やむを得ない事情があり、住民票所在地以外での接種を受ける人は、原則接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行ってください。

やむを得ない事情があり、住民票所在地において接種を受けることができないと考えられる人(以下「住所地外接種者」という。)は以下のとおりです。

 ・出産のために里帰りしている妊産婦
 ・単身赴任者
 ・遠隔地へ下宿している学生
 ・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
 ・入院・入所者
 ・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
 ・基礎疾患で治療中の医療機関でワクチンを受ける人
 ・災害による被害にあった人
 ・拘留又は留置されている人、受刑者
 ・その他市町村がやむを得ない事情があると認めた人

 

【市町村への届出を省略することができる場合】
 市町村への届出を省略することができる具体的な場合は以下のとおりです。

 ・入院・入所者
 ・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
 ・災害による被害にあった人
 ・拘留又は留置されている者、受刑者
 ・住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である人

 

【住所地外接種届け申請・交付の方法】

住所地外接種を希望する者は、原則接種を行う市町村に事前に届出を行ってください

具体的な申請方法等は以下のとおりです。

(1) 郵送申請
 住所地外接種者は、「住所地外接種届け」を記載し、接種券の写し(コピー等)及び返信用封筒を添付して郵送してください。
 市町村は、「住所地外接種届け」を郵送により受理した場合、記載内容を確認し、問題がなければ住所地外接種届出済証を郵送により交付します。

(2) 窓口申請
 住所地外接種者は、接種を受ける医療機関所在所の市町村の窓口に「住所地外接種届け」及び「接種券(又は接種券の写し)」を提出してください。自治体は、内容を確認し、住所地外接種届出済証を申請者に交付します。
 申請時に、接種券(原本)が提出された場合は、写しをとり、接種券を本人に返却します。

ワクチン接種後の副反応について

感染症に対する免疫を付与することにより、感染予防、重症化予防などの効果がみられますが、接種後に、接種部位の痛みや、頭痛、倦怠感、筋肉痛などの副反応が生じる場合があります。

・詳しくは、厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンの副反応疑い報告について」、「新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」に記載の「接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度」をご覧ください。

田尻町コロナワクチン接種コールセンター

・フリーダイヤル 0120-558-836

・受付時間 <平日>午前9時~午後5時

・対応内容 ワクチン接種に関する相談・予約に関すること

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

コロナワクチン施策の在り方などに関するご意見・お問合せへの対応

電話番号:0120-761-770

受付時間:午前9時~午後9時

ワクチンに関する専門相談(大阪府)

4月1日よりワクチン接種による副反応など専門的なご相談をお受けします。

・電話(ナビダイヤル・有料):0570-012-336(24時間対応)

ワクチンロス対策について

海外渡航用のワクチン接種証明書の交付について

新型コロナワクチン接種済証明書について

新型コロナウイルス関連の噂やデマにご注意ください

ワクチン接種のQ&A

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
健康課 
〒598-0091
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺883番地1
電話:072-466-8811
ファックス:072-466-8841